SAORI×STELLAR HOLLYWOOD 第2弾

MORE >>

カートへ


FOR YOUR LOVE ACTION PROJECT
Special Interview
―わたしたちの愛のカタチ―



インタービュー


STELLAR HOLLYWOODブランド創立10周年記念企画としてスタートしたFOR YOUR LOVE ACTION PROJECTでは、認定NPO法人カタリバをとおして、子どもたちの未来に寄付しました。プロジェクトの一貫としてスタートしたスペシャル対談も今回で4回目。5月15日の国際家族デーにちなんで、家族のカタチについて語っていただきました。​ ​

第4回目のゲストは、元K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者、現ボクシングOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者のプロボクサーの武居由樹さん。STELLAR HOLLYWOODマーケティングディレクターのしげるさんとプライベートでも親交のある彼が、家族のあり方やさまざまな愛のカタチについて語ります。



小学生から育ての親の元へ。​
厳しいトレーニングに励み、K-1で世界王者に


しげる

しげる

現在スーパーバンダム級王者のプロボクサー、武居由樹選手が今回の対談相手です。K-1(格闘技)のチャンピオンの時代からお付き合いのある彼に、普段お互い話さないようなことを聞いてみたいと思って来ていただきました。そもそも、なんでK-1の世界へ入る事になったの?


僕は10才の頃から、『Power of Dream』という格闘技ジムを運営する古川会長と生活を共にし、育てられていました。シングルマザーで子育てをしてくれた母に対してかなり反抗的になってしまって…自分でいうのもおかしいんですが、手がつけられなかったんでしょうね。それで預けられていました。​


しげる

しげる

当時、10才の武居少年は、またなんでそんな態度をとってしまったんだろうか? ​


とにかく反抗的な態度をとっていました。やはりひとりで働いて育ててくれている母と生活がすれ違いになり、さみしかったですね。それで言うことを聞かなくなって。500円玉貯金からお金を抜いてしまったりも。さみしいから自分のことに目を向けてほしかったんだと思います。


しげる

しげる

うんうん。10才っていうと『そろそろ思春期に入りますよ~』って時期だものね。しげるも昔は誰かと比較をして「あの子はよくて、ウチはなんでダメなの?」って親に文句を言ったり、困らせたりした後悔があるけど、全く知らない家族の中に入るって、武居少年は逆に荒れたりしなかったの?​


最初は放課後、無理矢理ジムに連れて行かれたんです。それは通いで。でも好きじゃなくてやりたくなかったから、サボりがちになって…。それが続いて、何日か泊まりを続けているうちに住み込みになりました。古川会長のジムは、素行に問題のある子供を引き取って共同生活させながら、人としての礼儀や作法と、格闘技の技術的な指導もしてくれていて。もちろん、最初は反抗していましたね。古川会長はとても怖かったので、生活面の世話をしてくれる奥さんのほうに対してひどかったかな。アタってしまうんですよね。そこしかアタるところがなかったというか…。今考えると、めちゃくちゃ罪悪感があります。​


しげる

しげる

そうだね、自分によくしてくれる人に対してほど、反抗してしまう時期はあるのかもね、いま思うと単純に『甘え』なんだよね。



インタービュー

はい、とにかく言葉の反抗ですね、暴言じゃないけど、無視とかだったかな。それで中学1年生くらいのとき、古川会長から本気で叱られましたね。その後は、本当のお父さん、お母さんのように接してくれているんだ、と理解できるようになって。小学校、中学、高校と卒業し24才までの14年間お世話になっていました。​


しげる

しげる

なるほどね。では武居くんにとっては生みの親と10年、その後の14年は育ての親という存在の古川会長ご夫婦といたわけだ。


そうです。高校のときは自然とボクシングに励むようになり、会長の奥さんが毎日お弁当も作ってくれていました。本当に感謝しています。



精神面でも支えられ、絶対的な信頼をおく​
会長をお手本に、自分も選手を育てていきたい​


しげる

しげる

高校時代もボクシング部に所属していて、大学への誘いとかなかったの?なんで高校を卒業してキックボクシングの世界に入ったのかしら?​


ボクシングで推薦入学できる大学もありましたが、断りました。早く恩返しをしたい、稼ぎたいと思ったからです。


しげる

しげる

それだけお世話になったんだもんね、わかる気がします。ところで、10代の頃の個人的な悩みとかは誰に相談していたのかな?ジムで一緒に育った仲間とか? ​


いや、一緒に育った子は僕をいれて3人でしたが、自分が長男的存在でふたりとも年下なので。まあ友達にでしょうか。それと思いきり練習することによって、悩みや気持ちをリセットできたりもしました。ストレス発散になるというか。​


しげる

しげる

しげるもジムに行かないと。カラダを動かして汗をかくことって、気分転換にもなるし健康にも大切なことだよね。​


はい、最近ではストレスを解消するのに、卓球やゴルフをしています。女性にはキックボクシングがおすすめです。運動量も多く、脚を上げることでお腹周りによく効きますよ。​


しげる

しげる

えっ、じゃあキックボクシング始めようかな(笑)、そういえば、キックボクシング(K-1)から、なぜボクシングへ転向したのかな?​


インタービュー

K-1である程度の選手と対戦して、チャンピオンになりました。で、もう戦う相手がいなくなったんです。それでモチベーションがなくなったときに古川会長から、ボクシングやってみたら?と提案されて。いいなと、単純に思って元々興味もあったボクシングの世界に入りました。​


しげる

しげる

なるほど、キックボクシングとボクシングでは、ルールが大きく異なるよね?​


はい、そうですね、ルールや試合時間も変わりますし。全然別物ですね。


しげる

しげる

そんな中で、ボクシングデビューから全勝でしょ?頑張ってるのが伝わります。自分の中でのゴールというか目標みたいなのはあるの?


ボクシングでアジアのチャンピオンにはなれたので、これから世界チャンピオンになることです。


しげる

しげる

『世界チャンピオン』絶対になって欲しい!応援してるよ。


はい、それが達成したら、自分が選手を育てていくこともしたいと思っています。古川会長にしてもらったことを、自分もできたらって。子供の時は特に遊びながらトレーニングしたり…。例えば鬼ごっこやボール遊びをしながら、興味が持てるようにしてくれていたので、自然と入り込めましたね。


しげる

しげる

お話しを聞いてると、古川会長は素晴らしい人だよね。かつての武居少年みたいな子供を、今まで沢山育ててるんだもの(笑)お会いしてみたいです。 


そうです、そうです。僕の上にも下にも育てていた子がいます。


しげる

しげる

武居くんの人生を良き方向へ導いてくれる人と出会えて、ほんとによかったね。


インタービュー

はい、出会ってなかったら、どうなっていたかわからないですね。


しげる

しげる

確かに。


ほんとに想像できないですね。やってもらったことを、僕が誰かに恩返ししたいなと思っています。


しげる

しげる

古川会長は武居くんにとってどんな存在?


ほぼ父親と一緒ですね。今はジムも違いますし、場所も離れていますけどやはり何か話したいことがあったりすると、すぐ相談に行きます。特にそういったことがなくても週2~3回は足を運んでいますね。前のジムで練習したりも。やはり安心できるんですね。不安が取り除かれるというか。


しげる

しげる

ちなみにメンタル面で生き詰まったときとか、ネガティブになってしまったときとか、どうやって乗り越えている?​


いつも以上に気合いを入れて練習をすることでしょうか。メンタルをリセットするのにも運動はいいですね。


しげる

しげる

では武居くんにとっての家族のカタチはなんですか?


過ごしてきた時間でしょうか。本当の家族以上に一緒に過ごして、育ててくれたことに古川会長家族には本当に感謝しています。精神面から支えてくれて、すべてにおいて信頼を寄せていますね。​


しげる

しげる

そうだね。話しを聞いていたら、血はつながっていなくとも普通の親子以上の関係性な気がします。それだけ強い絆で結ばれているのね。​


はい、その通りだと思います。


インタービュー




PROFILE 武居由樹


PROFILE

1996年(平成8年)7月12日、東京都足立区生まれ。10歳でキックボクシングを始め、足立東高時代はボクシング部でも活躍。2014年11月にKrushでキックボクシングデビューし、17年4月には第2代K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王座を獲得。15年8月から無敗で、トップ選手として団体をけん引。23勝(16KO)2敗の戦績を残し、20年12月に王座返上と、ボクシング転向を発表。元世界3階級王者の「激闘王」八重樫トレーナーに師事し、21年3月のプロボクシングでのデビュー戦を1回TKO勝利で飾る。4連勝で迎えたプロ5戦目で、東洋太平洋スーパーバンタム級王者ペテ・アポリナルに5回TKO勝ちし、王座獲得に成功。世界ランク入りも果たした。ここまでの戦績は6戦6勝(6KO)。大橋ジム所属。身長170㌢、血液型はB型。


Interviewer/Shigeru
(STELLAR HOLLYWOOD marketing director)

Photo/Robin Furuya
Writing/Yuki Sano


Accessory/STELLAR HOLLYWOOD



STELLAR HOLLYWOODでは、
次の10年を担う子どもたちの未来に向けてのプロジェクト
「FOR YOUR LOVE ACTION PROJECT」の一貫として
LOVE CODE DIAMOND BRACELETを発売いたしました。
その収益の一部をHERTiNを通じ、
認定NPO法人カタリバに寄付し
子どもたちが意欲と創造性を育む事業に使われます。