SAORI×STELLAR HOLLYWOOD 第2弾

MORE >>

カートへ



FOR YOUR LOVE ACTION PROJECT
Special Interview
―わたしたちの愛のカタチ―



インタービュー


STELLAR HOLLYWOODブランド創立10周年記念企画としてスタートしたFOR YOUR LOVE ACTION PROJECTでは、認定NPO法人カタリバをとおして、子どもたちの未来に寄付しました。プロジェクトの一貫としてスタートしたスペシャル対談も今回で5回目。第5回目のゲストはモデルとして活躍するだけでなく、育乳エステサロン「be-con麻布十番店」のオーナーセラピストを務める森絵里香さん。STELLAR HOLLYWOODマーケティングディレクターのしげるさんと、「自分自身に時間や手間を費やす」自己愛の大切さについて語っていただきました。女性にとってぜひ実践してほしいバストケアの方法を教えていただいたので、必見です。



「もっと自分の体を労わって愛する」ために
手間ひまかけたケアを!“育乳”のすすめ


しげる

しげる

今回の対談相手は、モデル業とともに育乳サロンのオーナーセラピストとしても活躍する森絵里香さんです。SNSでは自身の美容方法を積極的に発信しています。モデルを始めたのは何歳から?


森さん

森さん

14歳の終わりくらいから「プチセブン」を始めました。オーディションに受かったことがきっかけで。当時は実家のある静岡から通っていました。モデルの子たちの中には地方から通う、私みたいな子も多くて。金曜の夜電車で東京に出てきてホテルに泊まって、土曜、日曜と週末だけ早朝からロケ撮影をして帰ってました。モデルもみんな同年代だから、もうほとんど部活みたいなノリで(笑)。


しげる

しげる

そうか、なるほど!同じくらいの年齢でみんな友達感覚だもんね、それは楽しそう!


森さん

森さん

担当編集の方も若いし、賑やかに撮影してました。その後は「With」を9年ですね。そこからかな、モデルをきちんと仕事、として意識できるようになったのは。


しげる

しげる

10代からモデルを続けていると、美しい物はもちろん、その時の最先端の服や小物をすぐそばで目にすることが多かったと思うけど、その最前線に自分がついて行くために努力していたことってある?


森さん

森さん

う~ん、20代前半は若いから体にいいものを食べるとかそのくらいで、体型をどうこうとかっていうのはあまりなく、ジムに行ってトレーニングしていたくらいで。あとは、撮影現場で先輩のポーズを見ておいて、帰ってから同じように練習していました。あと当時の編集長からは、「自分で写真を撮ってどう見られているのか確認しなさい」と言われて。今のようなインカメラじゃなくて普通のカメラで、どういう角度だとスタイルがよく見えるのかとか、鏡だけでは自分で見えない部分もあるから、と。


しげる

しげる

確かに、みんなポージングの練習は密かに努力されてたイメージがある。



森さん

森さん

あとは、普段自分では着ないデザインの服を買って、どう見えるか着てみるとか。撮影では自分のプライベートとはまったく違うタイプの衣装が出てくるので、それをいかにきれいに見せられるか、ポーズを練習したりも。


しげる

しげる

努力してたのね~。モデルさんは、自分より服や身につけてる物が主役だものね。




インタービュー


森さん

森さん

20代の頃はモデルならモデル一本で集中したいと思っていました。


しげる

しげる

ふむふむ。それは20代のことね?


森さん

森さん

そう。周りはモデルと結婚&育児みたいに両立したりもしていたけど、とりあえずモデルとしてキャリアアップを、と思って。


しげる

しげる

そこから30代になるとまた意識は変わっていった?しげるもこれまで活躍しているモデルさんをたくさん見てきたけど、切磋琢磨しながら自分の強みを見つけていたな~。モデルさんだけでなく、大きく女性として30代になるとターニングポイントで何かに挑戦したりする人が多いんじゃないかなと。例えば資格をとったり、とかね。絵里香はどうでしたか?


森さん

森さん

そのときはそんなになくて。30歳になって「AneCan」という雑誌に出ることになり、新たなステージに入ったのね。なので、目の前に新たなチャレンジが出てきていて、それに夢中でした。でも「AneCan」はある意味、自分の興味あることを見つけるチャンスをくれる企画が多くて。


しげる

しげる

『挑戦』出来るっていいお仕事だったのね!その後、どんなタイミングで『育乳』を意識したの?


森さん

森さん

「AneCan」でホノルルマラソンを目指す、という企画があって。約1年後のフルマラソンに向けて、いろいろなトレーニングをしていく密着取材。その練習が始まって、走り出したら1か月くらいでバストが下がってきた気がしたの。


しげる

しげる

あらら。ランニングに集中し始めたら?


森さん

森さん

そう、これはまずいと思って。ただその時は、走る=下がるのかなって簡単に思っていたのね。でもきちんとしたアイテムを付けて走れば、そんなことにはならないって後々知るんだけど。そのタイミングでバストサロンを探して通い始めたのが、最初かな。


しげる

しげる

うんうん。


しげる

森さん

そこではバストマッサージをしてもらったりとか、下着はこういうのを使ったほうがいいですよ、みたいにアドバイスしてもらったり。だいたい1年くらい通ったら、まず触った時の違いとか変化を感じられたの。そして、気をつけ始めてからランニングしていても垂れなくなって!


森さん

しげる

あ、そうなんだ~。


しげる

森さん

サラシくらいきつめのスポーツブラを使うことで、揺れを抑えるのね。そうすると胸を支えてるクーパーじん帯が伸びなくなる。


森さん

しげる

要は固定されることが大切なんだね?


しげる

森さん

ランニング用ブラでぐっと止めるって感じ。ヨガのブラってホールド力よりは、動きやすくストレスフリーになっているものがほとんど。最初わかっていなくて、見た目で選んだヨガのブラトップを使っちゃってて。結果それがいけなかったんだなと。用途に適したものを使えばきちんと効果が得られるんだって実感しました。そこからずっとサロンに通って、35歳くらいのときに30歳の時のバストより確実に綺麗になってるなと。


森さん

しげる

あら、結構通ったんだね。


しげる

森さん

その変化って私のなかで結構衝撃だったの。歳とともに胸って絶対垂れるものだと思ってたから。


しげる

しげる

下垂ってことだよね?


森さん

森さん

うん、そう。体はどんどん衰えていくものだって思い込みがあったから、こんなに変わるんだって衝撃が強くって。もともとマッサージとかに興味があったから、自分でもやってみたいなと。自分が悩んでサロンに行き始めて、こんな効果が出たっていう流れを経験してるからこそ、このバストマッサージを自分が施術してみたいと思って、そのサロンが運営しているスクールに通い始めました。


しげる

しげる

そこで習った事を施術できますってこと?


森さん

森さん

そう。研修を終えてそれを習得して、お店を出したの。



インタービュー

しげる

しげる

その当時、育乳って言葉自体はなかった?


森さん

森さん

いや、あったの。多分今ほど行き渡ってなかったんだと思う。


しげる

しげる

育乳って、バストを育てるというよりも美しい形をつくって保つってことなのかしら?


森さん

森さん

私はそう捉えているかな。バストアップというよりは、バストを整えてキープさせるってことだと思っています。ひとりひとりこういう胸になりたいとか、こういう体型になりたいって理想像は違うから、そこに近づけていくって感じかな。


しげる

しげる

そうか。これを調べる前は、育乳ってアンチエイジングって思っていたんだけど、そうじゃなくて要は若い人でも、育乳は大切ってことよね?


森さん

森さん

うん、年齢関係なく大切。


しげる

しげる

ね!


森さん

森さん

世代によってはアンチエイジングってことでもあるとは思うけど、若い世代から自分に合ったサイズのブラジャーを付けるとか、しっかり保湿をするってことは、大切な美容ケアだし、未来のためになることを伝えていけたらなって。


しげる

しげる

実際、サロンには若い子たちも来たりする?


森さん

森さん

20代から60代の方までいらっしゃっていますよ。



きちんとブラジャーをつけることと
保湿することで美しいバストをキープできる!


しげる

しげる

データを調べたら、バストは10%の乳腺と90%の脂肪からできている、と出てきました。それはエストロゲンのような女性ホルモンを活性化させるために食生活も注意したほうがいいのかな?何か食物で特別にとっているものがあったりする?


森さん

森さん

毎日、豆乳を飲んだほうがいいとかよく聞くでしょ。でも結論からいうと、私くらいの世代からは正直難しいと思う。乳腺の発達って成長期から20代前半くらいまでに起こるからね。あまり結果は出ないと思う。


しげる

しげる

あ、じゃあ我々の年齢は成長期ではないから駄目ね(笑)。


インタービュー

森さん

森さん

うん。でもサプリメントが合っている人もいるから、気をつかうってことは大事だと思う。ただ大きくなるというより、張るって感じの効果は得られるのだと思う。気を遣うってことはもちろん大事なのだけど。


しげる

しげる

具体的に自分が、普段から気を付けたら良いことはある?


森さん

森さん

私だったら、「自分のバストにきちんと合ったブラジャーをちゃんとつける」「適度な保湿をする」この2つをおススメするかな。


しげる

しげる

サイズがきちんと合っていると綺麗に服が着られるよね。それと顔のスキンケアを毎日するのと同じよう、バストも保湿やら、スキンケアしてあげるのが大切なんだね。


森さん

森さん

そう、ほんとに簡単なことだと、朝晩のスキンケアのとき、胸まで化粧水とかクリームを塗ること。


しげる

しげる

同じ皮膚でつながっているんだもんね。


森さん

森さん

そうなの。お風呂の後、寝る前だけでなく朝も。顔に塗る余ったクリームを、そのままバストに塗ってもいいくらい。「保湿してくださいね」って言うと、「マッサージもしなきゃいけないでしょ、それは毎日大変だし面倒」って皆さん思っちゃうのだけど、ただボディクリームを塗るテンションで大丈夫。


しげる

しげる

要は乾燥させなければいいの?


森さん

森さん

そう。乾燥したお肌ってたるんでくるの。顔もそうだし。


しげる

しげる

手もそうよね?すべてお肌ってそうだよね。


森さん

森さん

そう。年齢が上がれば上がるほど乾燥しやすくなるから、よっぽど胸周りにニキビができやすいって人でなければ、保湿はマストでしてほしいかな。


しげる

しげる

パソコン生活、スマホのせいで、猫背で姿勢が悪くて、巻き肩になる人が多いんだよね。肩甲骨を開くとか、サロンに行かなくても普段の生活で、自分でできることは何かありますか?


森さん

森さん

うん、自分でできることはぜひやってほしい。肩が前に出るってことは、胸まわりの筋肉が硬くなっているので、連動してバストも硬くなりやすいし、肉が背中に流れていきやすいの。


しげる

しげる

胸のお肉が背中に流れちゃうってこと?


森さん

森さん

そう。胸が小さくなった気がするのに、背中のブラの上にお肉が乗るっていうのは、バストがあるべき位置から流れちゃってるってこと。姿勢が悪いからそうなることもあって。鎖骨下あたりを自分でほぐしてあげて軽くマッサージしてあげると、肩が開きやすくなってバストもふんわりしてくるから、巻き肩が強いお客様にはそのようにアドバイスしています。ちょっとやるだけでもいいので、おすすめ。


しげる

しげる

猫背とか巻き肩になるのってバストだけじゃなくて、肩こりはもちろん首とか他の部位にも影響しちゃうよね?


森さん

森さん

うん、そうなっちゃうから気をつけないと。でも私がいちばん怖いと思うのは、例えば巻き肩は姿勢が悪いだけとか、これはこれが原因で悪いってバラバラに考えちゃうことで。ひとつが悪いと、こっちにもあっちにも悪影響を及ぼして負担をかけているんですよ。連鎖しているってことを自覚できていないこと、自分で勝手に診断してそこに気づけてないことが怖いなと。


しげる

しげる

うん、やはりバストサロンなり整骨院なりに行ってきちんと客観的にアドバイスもらわないとだめだね。


森さん

森さん

そう、現状をちゃんと知らないとなんです。


しげる

しげる

あ、そう、ナイトブラってどうなの?


森さん

森さん

もちろん大切。ただ即効性は感じにくいと思うの。だからみんな効かないからいいやってやめちゃう人が多いんだけど、してる人としてない人は全然違う。やっぱりしてない人は、背中にお肉が流れて左右が離れていることが多いの。


しげる

しげる

やはり大事なんだね、この配信を見てくれてる方々は、ほぼ女性だと思うので、絵里香先生からぜひ『良いナイトブラの選び方』を伝授して欲しいな。


森さん

森さん

今、主流のナイトブラって流れていくお肉を前に集めてあげてバストアップする、みたいなタイプが多いの。寄せるナイトブラを選ぶポイントは3つです!


1. 脇高でホールド感のあるものを選ぶとお肉が流れにくい。
2. ゆるくなったらすぐチェンジする。だいたい半年から1年くらいが寿命。そのため買いやすい価格帯のものに。
3. 日中はつけない。お風呂上がりから朝起きるまでだけ。朝から日中はちゃんとブラジャーをつけること。


しげる

しげる

うん、これがマストね!24時間ブラジャーをつけているってことね。


森さん

森さん

そう。わたしも便利だからカップ付きインナーを使うことがあるけど、それを続けるとやはり胸のラインはあからさまにぼやけるし、下がるような気がして。でもちゃんとしたブラジャーをつけて生活してると、戻ってくるのよね。


しげる

しげる

人間のカラダって、ほんと不思議だよね。


森さん

森さん

そう、顔だってマッサージするとすっきりするでしょ。それと同じ感じだと思ってもらえれば。


しげる

しげる

日々の積み重ねだね。


森さん

森さん

そうなんです。


インタービュー

しげる

しげる

では「もっと自分の体を愛してあげる」ために、体に対して何をしてあげたらいい?


森さん

森さん

まず自分が自分の体の一番の味方だと思って、大切にすることかな。時間が空いたから遊びに行きたいな~と思っても、「今日はいつもより時間をかけてケアしよう!」って風に。体に手間ひまかけてあげてほしいな。


しげる

しげる

例えば絵里香なら、どんなことをする?


森さん

森さん

う~ん、お気に入りの香りのボディクリームで触ってあげるとか、1時間だけエステに行ってみるとか。そんなちょっとのことで、女の人って幸せを感じられるんじゃないかな。


しげる

しげる

わかる、わかる。自分の手で何かをするより誰か人の手が入ったほうがより磨きがかかるよね。美容院しかり、ネイルしかり施術をしてもらうことって、リラックスするというか、ストレス発散になる気がするよね。


森さん

森さん

うん、そうなの。


しげる

しげる

最後に絵里香は10年後、どんな自分になっていたいですか?目指してる女性像を教えて?


森さん

森さん

自分の周りにいる年上のお姉さんたちって、みんな昔より今のほうが輝いてるなって思うの。いい意味で丸みが出て、リラックスしてるように見えるから、私も40代のときより10年後の今の自分が好きだって言える人でいたいな。


しげる

しげる

確かに今の50代って、パワフルでかっこいい女性が増えてる気がする!





PROFILE 森絵里香


PROFILE

「プチセブン」にてデビューし、2001年から「with」専属モデル、2011年からは「AneCan」専属モデルとして活躍。現在は雑誌等を中心に活動するかたわら、2018年5月に オーナーセラピストとして育乳サロン「be-con麻布十番店」をオープン。


Interviewer/Shigeru
(STELLAR HOLLYWOOD marketing director)

Photo/Robin Furuya
Writing/Yuki Sano


Accessory/STELLAR HOLLYWOOD



STELLAR HOLLYWOODでは、
次の10年を担う子どもたちの未来に向けてのプロジェクト
「FOR YOUR LOVE ACTION PROJECT」の一貫として
LOVE CODE DIAMOND BRACELETを発売いたしました。
その収益の一部をHERTiNを通じ、
認定NPO法人カタリバに寄付し
子どもたちが意欲と創造性を育む事業に使われます。